>Sentan Digital Co.,LTD. 先端技研株式会社 
  Home Company Products Solution ProTOp Engine Case Study Mechanica Club Contact Us  
/ / /

ProTOp
 
製品情報
 
トレーニング
 
ユーザー事例
 
ProTOp動画
 
体験版ダウンロード
 
   
ProTOp動画 ホーム > ProTOp > ProTOp動画
☆☆☆画面が小さくて見にくい場合は大きな画面でご覧下さい☆☆☆

はじめに

(0)処理プロセス全体のアウトライン(日本語字幕付き)

-CreoSimulateのFEMモードで設定を確認
-ProTOpへ移行して最適化実行
-最適化されたサーフェスメッシュのエクスポート
-CreoParametric上で新規形状の作成





(1)処理プロセス全体のアウトライン

-新規の入力ファイル作成とCADモデル(FNF形式)のインポート
-新規の最適化セッションの実行
-最適化されたサーフェスメッシュのエクスポート




モデルの準備とインポート

(2)CreoからProTOpを直接立ち上げる

-既存のCreoパートファイルを開き、簡単に中身を確認
-CreoからProTOpを直接立ち上げて実行



(3)CreoからFNFファイルをエクスポートした後、
手動でProTOpを立ち上げる

-既存のCreoパートファイルにメッシュを作成し、FNFファイルへエクスポート
-手動でProTOpを立ち上げて、先に作成したFNFファイルをインポート




制限条件とコンフィギュレーション

(4)ラティス構造の設定
-既存のProTOp入力ファイルを開き、
“モデルコンフィギュレーションツール”を開始
-ソリッドパートをラティス構造に設定
-ラティス構造のタイプを変更
-モデルの座標系に従いツールの座標系を変更
-ラティスのセルサイズを変更
-ツールの座標系を直交座標系から円筒座標系へ変更
-最適化の実行



(5)技術的制約条件の作成
-既存のProTOp入力ファイルを開き、“技術的制約条件ツール”を開始
-2つの技術的制約条件を設定



(6)サーフェス/シェル領域の作成
-既存のCreoパートファイルにダミーの解析定義(荷重ケース)を追加し、
解析名の末尾に“_EXPGEO”をつける。
この末尾の“_EXPGEO”タグがついた荷重ケースは、
サーフェスを含むだけのダミーであることを示す。
-手動でProTOpを立ち上げて、新規に作成したFNFファイルをインポート
-“材料領域ツール”で、固定領域と自由領域を設定
-“モデルコンフィギュレーションツール”で、
シェル/ソリッドが混在するモデルを設定



最適化
(7)対話形式で最適化目標を調整
-新規の最適化セッションを開始
-体積を変更して最適化を続行
-目標を体積から応力へ変更して最適化を続行



(8)弾塑性挙動のモデル化
-弾性材料としての解析を実行
-弾塑性材料としての解析に変更



(9)単精度/倍精度の違いによるFEAソルバーのパフォーマンス比較
-倍精度のFEAソルバー(CPUは4コアi7)での最適化サイクル
-単精度に変更した場合の最適化サイクル



最適化結果後のモデル処理
(10)サーフェスメッシュのスムージング(平滑化)の処理プロセス全体のアウトライン
-ProTOpが作成した既存のサーフェスメッシュを開く
-鋭利な出っ張りや不自然な穴を取り除く
-“スムーズカットサーフェスツール”を使って、モデル表面を滑らかにする
-“単純化ツール”を使って、不要な三角形パッチサーフェスを取り除く


ご利用にあたって        プライバシー         お問合せ    Copyright (C) 2014 Sentan Digital Co.,Ltd. All Rights Reserved.

〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-5-5住友不動産新横浜ビル12F    (Tel 045-474-1457)